国鉄キハ40系気動車 / JR西日本



金沢支社金沢総合車両所富山支所 「金トヤ」
 城端線・氷見線運用  2022年4月1日現在の所属車両は、キハ40形2000番台9両、キハ47形0番台7両と1000番台8両、キハ48形0番台と1000番台が各1両、計19両。40-2084は「忍者ハットリくん」ラッピング列車、40-2027は城端線・氷見線観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」改造。キハ40,47形は城端線、氷見線で運用。キハ48は七尾線観光特急「花嫁のれん」用改造を受け、同列車に限定運用。

岡山支社岡山気動車区 「岡オカ」
津山線・吉備線・
姫新線運用
2018年4月1日現在の所属車両は、キハ40形2000番台10両と3000番台5両、キハ47形0番台15両、1000番台7両、2000番台3両、3000番台1両、計41両。運用区間は吉備線、津山線、姫新線だが、みまさかスローライフ列車は因美線(智頭駅 - 津山駅間)にも入る。

米子支社後藤総合車両所 「米トウ」
山陰本線・境瀬・
因美線運用
2017年4月1日現在の所属車両は、キハ40形2000番台4両、キハ47形0番台13両、1000番台6両、2000番台11両、3000番台10両、計44両。キハ40形4両は境線を中心に運行され、全4両に水木しげるの代表作である『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターのイラストが描かれている。キハ47形は山陰本線(鳥取−益田間)、境線、因美線(智頭−鳥取間)、若桜鉄道若桜線で運行されている。

広島支社下関総合車両所広島支所 「広ヒロ」
瀬戸内マリンビュー 広島支所に配置されているキハ47形気動車は、「瀬戸内マリンビュー」用の7000番台2両編成1本で、土・休日のみ呉線で運用されている。
2005年10月1日から「瀬戸内マリンビュー」が運行されるのに伴い、キハ47形2000・3000番台を改造したもの。リニューアル工事も含めた改造費用は8,000万円で、呉線沿線の4自治体(三原市・竹原市・東広島市・呉市)が全額を負担している。

広島支社下関総合車両所新山口支所 「広クチ」
山陰本線・山口線
・芸備線・岩徳線運用
2018年4月1日現在の所属車両は、キハ40形2000番台32両、キハ47形0番台30両、1000番台18両、1500番台1両、2000番台8両、2500番台3両、3000番台8両、3500番台2両、計102両。全車が一旦は広島色(黄色と白のツートンカラーにグレーの細帯)に塗り替えられたが、2009年12月以降、朱色5号単色への再度塗り替えが進行している。